バッカスのひろば

bacchuss.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 25日

山の本

半年に一度ほど、うちの父の友人が出張のたびに駅で購入する推理小説を
これまた推理小説好きのうちの母がもらいうけ、さらに私の手元に回ってきます
そのなかに見つけた、太田蘭三著「脱獄山脈」

オカマと詐欺師とやくざと殺人犯が刑務所を脱獄し、奥多摩から後立山を
縦走しながら逃げるという、とんでもない設定
今どき~?というちょっと寒い場面もありますがけっこう楽しめました

そういえば、井上靖の「氷壁」のモデルになった方が最近亡くなられましたね
初めて穂高に登るとき、読んでおけど言われて読んだあの日から早5年
ご隠居状態の現状を打破すべく、もう一度読んでみようかな

by あい
[PR]

by 8bacchus | 2006-08-25 08:24


<< 愛知川      テレビ「日本の名峰」 >>