<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 29日

2011年 皆子山 新年会

 1月29日~30日にかけて、京都皆子山にあるKRAC小屋にて新年会を行いました!今回の参加者はバッカスからはKY(空気読めない訳ではありません)さん、KYさんの後輩HYさん、KTさん、DTさん、KHさん、あまおうからはKNさん、Hさん、そして私TSの8名です。>  11時にJR堅田駅に集合して、駅前のスーパーでそれぞれ買出しを分担して12時に一旦集合。上の階でお昼を食べて12時59分堅田駅発坊村行きのバスに乗車しました。遅刻したKTさんはDTさんの車で後を追いかけてきました。遅刻は駄目ですよ(^^♪
坂下トンネル前で途中下車して芦火谷入口まで移動。入口にて装備を整え、早速出発。

<銀世界>
c0085163_1242431.jpg

そこは日常からかけ離れた真っ白な銀世界が広がっていました。管理小屋?までは除雪された快適な道がついてました。

<特製の氷製パイプオルガン>
c0085163_12433366.jpg

 さて、問題は管理小屋から。早速ケモノ道がお出迎えしてくれ、膝下までの軽いラッセルをアップ代わりに第一の関門、丸太橋まで辿りつきます。丸太橋には今まで見た事のない程の雪が積もり、早速バッカスエースのKYさんが、シャベル片手に丸太橋の上の雪をかき出しに行ってくれましたが、いつ落ちるかハラハラするので、なんちゃってリーダーが身を挺して雪をかきだしに行きました。

<悲劇(喜劇?)の直前>

c0085163_12435292.jpg

しばらく雪かきに精を出していると暑くなってきたので、(あくまでも)火照った体を冷ます為&真冬の川の温度を確かめる為、高さ2メートルの橋から足を滑らせて川に落ちてみました。
強がりではありませんが、思ったよりは冷たくなかったです(^_^;)

 他の方にはそんな真似はさせられないので、いざという為に持って来たザイルを対岸に張り、KYさんに荷物を渡してもらい、皆にはザイルを頼りに渡ってきてもらいました。
<第二の関門>

c0085163_12471674.jpg


<小屋着>
c0085163_1248249.jpg
次の関門はパスして渡渉し、夏道で30分の距離を、なんとか小屋に2時間弱で辿りつきました。  直ぐに宴会準備のため、ダッチオーブン用の穴を掘ります。

<落とし穴?>
c0085163_1224821.jpg
推定高さ約1メートルの雪を若手男性陣で奮闘している間に、女性陣は料理の仕込みにかかります。今回のメニューはパエリア、スモークチキン、サラダ、スープです。

<スモーク前チキン>
c0085163_1225627.jpg

< スモーク後チキン>
c0085163_12254047.jpg

<野菜スープ>
c0085163_1226786.jpg

<サラダ>
c0085163_12263056.jpg
<カットされたチキン>
c0085163_12264765.jpg

<パエリア>
c0085163_1227461.jpg

出来上がりは一見?リゾットですが、味は間違いなくパエリアでした。スモークチキンは今回りんごのチップを使用したところ、リンゴの甘酸っぱさがチキンに移って今までに食べた事のないような、香りと味が楽しめました♪美味しい料理と酒でお腹を満たし、22時には就寝。

翌朝、6時に起床し、パン、ヨーグルト、昨日の残りのスープ、サラダで朝食をとり、早速装備を整えて8時半に出発。
<小屋前にて記念写真>
c0085163_12291615.jpg


今回の直登ルートはKRAK小屋の主KYさんにお任せしたところ、小屋の裏手からいきなり渡渉。その後、かなりきつい傾斜をものともせず、楽しそうにラッセルをしながら進んで行くKYさんに皆付いて行くのがやっとでした。

ラッセル隊員K
c0085163_1230023.jpg


ラッセル隊員H
c0085163_12301445.jpg


小一時間もしたところでやっとスーパーマン並みの体力に陰りが。そこですかさずラッセルの交代を呼び掛け、その後ラッセルを交代で続け、もうタイムリミットというとこでやっと頂上に辿りつきました!

<登頂!>

c0085163_12314798.jpg




記念写真をとって温かいミルクティーを飲んで、すぐに下山。帰りは苦戦した行きと違って、ふかふかのスノーパウダーで滑りたい放題。行きの三分の一の時間で降りて来れました。

<シリセード隊員k>

c0085163_12323276.jpg
<シリセード隊員H>

c0085163_12412878.jpg

小屋の後片付けを済ませて、栃餅ぜんざいを夢見てひたすら杣への道を急ぎます。行きの難関も皆慣れたもの!最終バス発車30分前にはなんとか杣の道に辿りつき、すぐにぜんざい人数分頼んで、流し込み。

<杣の道>

c0085163_12354370.jpg
各自、お土産を買って帰路に着きました。バッカスの皆は多少のハプニングには慣れているものの、私の宴会山行を信じて、ゲスト参加して下さったあまおうさんにはちょっぴりハードな山行でしたが、楽しんでもらえたものと信じてます。また参加して下さいね。
[PR]

by 8bacchus | 2011-01-29 09:00 | 山行報告
2011年 01月 16日

H23.01.08~09 南八ヶ岳 reported by M嶋

平成23年1月の山行担当となりましたM嶋が、南八ヶ岳の赤岳登頂をめざして計画しました。

参加者は、上州のIK上親分、甲府盆地人NS田さん、ニューフェイスKW端くん、そしてM嶋の「精鋭」4名です。

NS田邸に7日夜中に関東組が集合して前夜泊しました(宴会はしていませんので念のため)。

翌日KW端くんが早朝新大阪から新幹線などJRを乗り継いで『茅野』駅に8日9:30頃に到着したので、ピックアップしてから、スーパーで買い物などして、美濃戸口へNS田さんの車で向かいました。


c0085163_17304529.jpg 
バッカスが大変お世話になっている、NS田邸のマンションです。3階の部屋からは、富士山・甲斐駒ケ岳などが一望できる素晴らしい環境ですが・・・仙台に行かれるのでねえ、大変残念です。

だれか引き続き、この部屋を借りてくれませんか。


c0085163_17401542.jpg
NS田邸の窓から写した『甲斐駒ケ岳』です。

こういう風景を見ながらの朝食、しかも彼女と一緒に!!なら最高ですね。


c0085163_17405266.jpg
翌日8日の朝の茅野駅前のバス停です。KW端くんの到着をここで待ちます。

八ヶ岳(美濃戸口)方面に向かう人々。


c0085163_1743118.jpg
画面で判別できますか。茅野駅から大阪「梅田」行きの高速バスが出てました。

こんな所で「梅田」という文字を発見し、うれしくて涙が出てきました。


c0085163_1746077.jpg
美濃戸口から車で「やまのこ村」という小屋の駐車場に駐車し、身支度をととのえるIK上さん。

2010年3月にはK村さんもここに車を置きました。もうすぐ1年になりますね。


c0085163_17474054.jpg
これまたカメラ目線でポーズするKW端くんです。

くそー、M嶋よりほんの少し足が長いようです。


c0085163_1751456.jpg
北沢を選んで、まずは『赤岳鉱泉小屋』をめざし、途中小休憩で腰を伸ばすNS田さん。

これまでの写真のコントラストで分かる通り、アプローチの8日は、まったく雲ひとつない『ピーカン』日和でして、明日の赤岳登頂に胸おどる一日でした。


c0085163_1755569.jpg
この日の夕食は、豪華絢爛、味噌仕立ての山海の幸をふんだんに盛り込んだ鍋であります。

カメラを向けると、すぐにカメラ目線でポーズするKW端くんです。


c0085163_17582994.jpg
いつも他人を誹謗中傷・揶揄する罰がくだったのか、足がつり苦しみもだえるM嶋でした。


c0085163_1805510.jpg
翌朝の出発身支度光景、7時でこの暗さです。

昨日のピーカン天気はどこへやら、どんよりと暗雲垂れこめ、山頂上空では吹雪がうなり声をあげているのが十分予想されました。


c0085163_189299.jpg
一応、強風&吹雪のなか、耐えがたきを耐え忍び難きをしのんで地蔵の尾根から赤岳主稜を踏みました。

稜線では体が浮くくらいの風でして(IK上さんは全然微動だにしませんが)、道標にタッチして直ちに同じルートを下りました。というキビシイ状況につき、この間の写真はありません。

したがって、下り始めて11:00時に行者小屋にヤッとたどりついて「お互い命あってよかったね」という記念写真です。

M嶋が撮影していますので、ちゃんと4名そろっていますからご安心ください。


c0085163_18163896.jpg
行者小屋テン場の風景です。

本来ならここにテントを設営する予定でしたが、昨日は赤岳鉱泉で体力が尽きて、しかも急激に気温が低下してきたので、赤岳鉱泉での設営となりました。


c0085163_18194650.jpg
行者小屋では、ビーコンなども練習?したりして休憩しました。


c0085163_1821211.jpg
そして、明日からは天候がさらに悪化するという予報でしたので、誰言うとなく(M嶋がいいました)「引き上げよう!えいえいおう!」と即決して、NS田邸にもどり、宴会を始めた次第です。

今回は山行報告ではなく、宴会報告ではないか、というご意見もあると思いますが、ブログジャンルに「宴会」がありませんので、やむなく山行としました。

後日談がありまして、10日それぞれが帰路につく日は、これまた雲のまったくない、ピーカン快晴でして、何が災いしているのか、胸に手をあてながら帰った山行でした。
[PR]

by 8bacchus | 2011-01-16 17:26 | 山行報告
2011年 01月 12日

枚方ハーフマラソン

1/10(日)の成人の日に、枚方ハーフマラソンに参加してきました。
気温5℃,晴天,とマラソンには適したコンディションだったこともあり、約7年ぶりのマラソン大会を楽しんで走ることができました。少々練習不足ではありましたが、同じペースで走っていた、おじさんや若い女性に何とか着いていこうと頑張った甲斐もあり、自己記録からは10分近く遅いタイム(1時間42分57秒)ではありましたが、無事完走できました。   by H.K

[開会式] この日、成人式の若者も短距離マラソン(男:1km,女:400m)に参加されていました。
c0085163_22295079.jpg

なんとかゴール!!
c0085163_22343967.jpg

サポートしてもらったK君と一緒に、完走証を手に記念撮影!!
c0085163_22364060.jpg
[PR]

by 8bacchus | 2011-01-12 22:41