バッカスのひろば

bacchuss.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 25日

1月24日(日) 例会山行 愛宕山

1月24日(日)、参加者9名で京都の愛宕山に行ってきました。
雪山ハイキングを期待していたのですが、数日前に15℃ぐらいまで気温が上がった影響もあるのか雪は殆どありませんでした。でも、雲一つない晴天に恵まれ、心地良いハイキングを楽しむことができました。

・参加者 : T.Gさん、S.Gちゃん、S.Tさん、Y.Hさん、R.Sさん、S.K、M.Kさん、Nさん、H.K
・行程 : 清滝駐車場(9:30)→表参道→愛宕神社(12:00)→二等三角点で昼食(12:30~14:30)→月輪時→清滝駐車場(16:00)

二の鳥居から登山開始。
c0085163_21575376.jpg


c0085163_21583337.jpg


京都の街並みが見渡せる7合目でしばし休憩。
c0085163_2159434.jpg


Sちゃんも元気に歩いて登ってます。
c0085163_21592851.jpg


Sちゃん、頂上の愛宕神社まで到着しました。
c0085163_21595598.jpg


火伏せの神を祀っている愛宕神社にみんなでお参りしました。
c0085163_2202575.jpg


頂上付近の道は凍っている箇所があり、注意しながらの歩行。
c0085163_2205530.jpg


頂上北側の二等三角点で、雲一つない晴天ポカポカ陽気の中、京都市街の街並みを眺めながらゆっくり昼食。みんなで持ち寄った豊富な食材を堪能し大満足しました。
c0085163_2211975.jpg


c0085163_2215376.jpg
[PR]

by 8bacchus | 2010-01-25 22:28
2010年 01月 16日

五竜 遠見尾根(2010/1/9-11)

 参加者:M嶋さん(リーダー)、Dさん、Iさん、Sさん、Hさん、Fさん、Kさん、N
       ゲストとしてSさん、Nさん

 1月の第1弾の例会山行として、M嶋リーダーのもと本格的な冬山山行として北アルプス五竜方面
 に行くことになった。コンデイションがよければ白岳に登る予定だ。ゲストとしてKさんの知り合いの
 Sさん、Nさんも参加された。

  今回は関西組と関東組みが、9日の11時ごろに五竜のキャビン乗り場で集合した。
  登山準備をしてキャビンに乗りこむ。天気はまずまずの快晴であった。
  14時ごろキャビンから降りると、スキー場のゲレンデを横切り地蔵の頭まで登った。
  
  c0085163_058622.jpg

  
  景色もいいため、皆ではしゃいで写真を撮っていると、ボーダーで神戸から来た元気の良い
  女性のM田さん(レンタカー会社勤務と話されていた)が話しかけてきてくれた。すかさず
  我々はバッカスの宣伝をしてスカウトするが、HPがあるから見てねといって別れた。
  M田さん!このBlog見ていたらまた友達と一緒にハイキングに遊びにきてください!
  大歓待しますよ!

  地蔵の頭からは雪も深かったが、ラッセル跡も見られたので極力たどっていった。尾根つたい
  なので、雪屁ができているので注意して歩いた。久しぶりの冬山山行で2日分の食料、お酒
  もあるため荷物が重たい!!

  3時間くらい歩いて17時ごろ、日も沈みかけてきたので小遠見山の手前でテントを張ること
  になった。稜線上で2-3mもずれれば雪屁があるのがわかり、少し緊張するテン場だ。
  皆でテン場をならして6テン2張りをはるが、周りは真っ暗で気温も下がり手がかじかみ体も
  寒さで震えだしてくる。ダンロップの6テンはポールの中ヒモが緩んでなかなかポールをつな
  げることが出来なかった。事前に装備の点検が必要だなと反省した。冬山は命にかかわるから
  特に必要だと思った。

  テントを張り終えると食事の準備だ。やっと暖かいテントの中で、御茶やお酒を飲んでくつろぐ
  ことができる。今晩のメニューは豚汁とごはんだ。お酒はビール、日本酒、ワイン、焼酎と十分
  あった。22時ごろまで話して就寝した。夜の間は、けっこう風が吹いていてトイレに行きたいと
  思ったが我慢した。

  10日(日)
    5時起床、天気は雪で風が少し吹いていた。テントにでるとやはりかなり寒さを感じた。
    朝食は昨日の残りでウドンをして食べた。
    8時ごろテントを置いて出発、小遠見山に登ったが天気が悪く、残念ながら鹿島槍は
    見れなかった。中遠見山から大遠見山に行く途中で雷鳥を見ることができた。冬山で
    雷鳥を見たのは初めてで、体全体は真っ白で目が黒いのでかろうじてわかる。
    厳しい環境でよく生きることが出来ると感心する。
     

    c0085163_10264585.jpg

    c0085163_10354598.jpg
    c0085163_015192.jpg
      c0085163_022324.jpg 

    c0085163_102809.jpg

    c0085163_10283013.jpg

    c0085163_1029212.jpg


    大遠見山についたのが12時頃で、天気も悪くここで引き返すことになった。
    天気が悪いと冬山はまったく余裕がなくなると感じる。
    途中、リーダーのM嶋さんがビーコンの使い方、滑落停止の訓練をしてくださった。
    Sさんは早くテン場に帰りたそうだったが(笑)
    下山途中、Nさんが雪屁を踏み抜きそうになったが大事にいたらず良かった!

    テン場には15時ごろ到着、テントが吹き飛ばされておらず一安心だ!
    
    テントにもぐりこみ、ひと息ついてお茶、お酒を飲みだす。つまみも豊富で、食事まで
    にけっこう飲んで食べた!今晩のメニューは寄せ鍋だ!食事を終えると、みんなで
    歌をうたった。それぞれが好きな歌、思い入れのある曲をうたって夜がすぎた。

    就寝しようとテントをでると満天の星でしばらく眺めていた。ゲストのSさん、Nさんは
    寒さにもめげず、長い間星を眺めていた。

  11日
    5時半起床、朝食は昨日ののこりでラーメンをして食べた。
    天気は快晴で、五竜、白岳、唐松岳が綺麗に見えた。これこそ冬山の醍醐味だ!

    c0085163_031842.jpg 

    c0085163_101350.jpg 
 
    
    テントを片付けようとしたが、近くの雪屁で別パーテイーで滑落した人がでた
    ため、応援することになった。無事、救助され幸い大きなケガもなかったとの
    ことで本当に良かった!
    下山開始は11時ころだったと思う。綺麗な景色をながめながら、写真をたくさん
    とって降りた。
    c0085163_12222.jpg

    c0085163_1030850.jpg
     c0085163_123069.jpg

    c0085163_125587.jpg

    c0085163_132423.jpg


    下山後は、温泉(十郎の湯)と食事をとって関西組、関東組でそれぞれ帰途に
    ついた。

    今回の山行は冬山の厳しさ、良さを感じることができた。
    リーダーのM嶋さん、参加された皆さん、お疲れ様でした。
    ゲスト参加されたSさん、Nさんまた遊びにきてください!

  以上


  





    

  







    








  



 


 
[PR]

by 8bacchus | 2010-01-16 23:21 | 山行報告