<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 26日

奥久慈男体山

志保です。
11月25日奥久慈男体山へいってきました。
茨城県の北の方、袋田の滝近くの山です。
コースは古分屋敷〜大円地登山口〜健脚コース〜男体山で、健脚コースは急登なだけあって、一般コースでは1時間40分〜50分程度かかるのに、1時間で登れました。
奥久慈男体山↓
c0085163_235756.jpg

健脚コースは最後の登りがずっと、鎖付きのよじ登り系。でも、大したことはありませんでした。
c0085163_23556100.jpg

頂上からの眺めは、一面紅葉で黄色の山々。こういう景色を私は今まで見たことがあったかどうか考えてしまいました。京都は山頂からの眺めって、イマイチだったり、町が見えたりだったし。感動しました。
c0085163_238472.jpg

c0085163_2391358.jpg

山の麓にあった、もう営業してない?旅館の風呂場があって、この温水タンクに注目。
あまり見かけない。旦那曰く、工場とかくらいしかこの設備はあんまりないとか。
c0085163_2311415.jpg

[PR]

by 8bacchus | 2006-11-26 23:12 | 山行報告
2006年 11月 19日

クラブ交流会

11月18、19日、労山のクラブ交流会にD達さん、N田さんと行ってきました

今回は記念講演として、登山家の大久保由美子さんがゲストで来られました
世界の高峰に挑戦しながらも、病気や出産といったことも経験されており、
貴重な話を聞くことが出来ました

c0085163_17283368.jpg

大久保さんと・・・

子供を連れての登山など、私たちもこれから経験することなので
今後の大久保さんの活躍を期待します






夜の懇親会はご想像のとおりです
O澤さん達は2時頃まで飲んでいたとか、いないとか、、、
しかしながら、今回の交流会に参加して、テンションの活躍に感激しました
みんな一生懸命で、とてもいい会に成長されているなぁと感じました
本当にお世話になりました、ありがとう!!

2日目は女性委員会によるレスキュー講座でした
冊子をいただきましたので、私たちも再度勉強しなければいけませんね

久しぶりの再会もあり、ベテランのお話も聞けて楽しかったです



c0085163_17431197.jpg

Yさん家族を囲んで記念撮影




あい
[PR]

by 8bacchus | 2006-11-19 17:48
2006年 11月 19日

創立記念日 / 11月度ミーティング

c0085163_13332537.jpg11月16日は満5年の創立記念日であり、例会ミーティングが行われました。出席者は14名。池、岩、木、合、芝、下、瀬、伊、寺、西、狭、福、松、三。会員11名、準備中3名。

会のオリジナルティシャツについて方針決定。家族会員が子供の場合は無料。といったあたりが決まりました。

オリジナルシャツについては、人が山を歩いているシルエットで単色、いくらか文字も入ります。背中に入れますが、大きさはB5くらいと小さめに。シャツの色はたぶん2色(2種類)用意するはず。シャツの材質は速乾性だったはず。発注先はユニクロ。だったはずです。

ずいぶん長い時間をかけて決めました。その分飲んでおり最後の方はよく覚えていません。

詳細は"下"さんの議事録でご確認下さい。

/TG
[PR]

by 8bacchus | 2006-11-19 13:24 | 懇親会
2006年 11月 11日

熊野古道 速玉~那智~本宮、静岡・滋賀・大阪から9名参加

11月3~4日、Sue、4回目の山行。

c0085163_20144170.jpg
新宮駅で9名集合。終始心地良い天候に恵まれた。

c0085163_201545.jpg
1日目は速玉大社と那智大社。勝浦温泉の宿で温泉と鮪を味わい、2日目は港で鯖寿司と秋刀魚寿司を買って熊野古道・本宮へ。

c0085163_20152564.jpg
本宮までたどり着いた後は、川湯温泉へ。この地方では、目張寿司と鮎もうまい。




http://yasuyomine.ld.infoseek.co.jp/kumanokodo2006/
[PR]

by 8bacchus | 2006-11-11 03:22 | 新人育成
2006年 11月 06日

両神山(日向大谷〜会所〜清滝小屋〜両神神社〜山頂)

しほです。
昨日(11月4日)、両神山という百名山の一つに旦那と登ってきました。
埼玉県にあります。
日帰り山行、なんだけど、実際は金曜の夜22時に出発して、途中1時間仮眠しつつ3時前に現地登山口に到着して朝7時半まで睡眠したので、一応一泊二日ということになるかな??でも、このシーズン、やはり人気の山だけあって、この時間に駐車場に到着でも3つある駐車場のうち、一つは満車、二つ目にやっと入ることができました。しかもこの登山口の駐車場にいくまでの道のりだってめちゃ細い道だから結構夜中怖い。みんなそれでも前日入りが当然の如くの車の入り様。
初めての山なのでとりあえず無難なメジャーコースで行く事に。山頂への案内板以外にもいくつか「山道」としか書かれていない別方向を指す標識があって、とても気になった。上級者しか行けなさそうな雰囲気がある。多分、尾根沿いコースへ通じるのだろうけど、結構いろいろ山頂までのルートがあるようなので、是非ほかのルートからでも登頂したいなぁ、と魅力を感じたな。
さて、この山は信仰の山だったらしく、よく石碑に出会う。山頂まであと40分ほどということろに、両神神社があって、スタートとこことで二回鳥居をくぐった。
紅葉はちょい2週間ほど早かったかなぁと残念だったけど、ちらほら紅葉は始まってた。
c0085163_018093.jpg

途中、清滝小屋という立派な小屋があって、宿泊できる。テン場もあってかなり充実しているので、縦走も楽しめそう。
c0085163_0184478.jpg

山頂手前でちょっと岩登りチックなところがあって、えらい渋滞する箇所らしいけど、大したことはなかったので、内心がっかり。
c0085163_0195366.jpg

山頂からの景色は、ガスっててあまり見えず、、、。紅葉もちらほら程度。
c0085163_020403.jpg


この山は、単純に歩くというだけじゃなく、沢沿いの楽しみ(沢を5回ほど渡る)、よじのぼったりも楽しめる箇所もいくつかあったり、手頃でいい山でした。紅葉のベストシーズンはかなり素晴らしいかと思います。ただ、、、中年初心者団体が多かったので、渋滞を引き起こしがち。
待ち時間や休憩も併せて歩行時間は7時間でした。
[PR]

by 8bacchus | 2006-11-06 00:21 | 山行報告