バッカスのひろば

bacchuss.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 29日

モツ鍋山行

モツ鍋山行

10/14(土)

 参加者 Dさん、Kさん、Tさん、N(記)

 10:45頃JR六甲道駅出発-長峰山-穂高湖-きょう月台
 摩耶山-布引の滝-16:30下山(新神戸駅)-三宮から
 地下鉄で上沢駅下車-17:00モツ鍋屋(やま本)

 今回はモツ鍋山行ということで、ゴールを神戸のモツ鍋屋(やま本)にしておなかをすかせる為
 に、歩くというのが目的(趣旨)だ。

 その割には幹事(私)の不手際でモツ鍋屋の予約を入れておらず不安をかかえながらの出発
 だった。実はTさんが前日心配して、モツ鍋屋に予約の電話を入れてくれたが、18:00からの
 予約はすでに埋まっているらしく、 17:00からか20:00以降ならOKとのことだったらしい。
 当日予約かなとのんきに構えていたのがいけなかった。人気店はさすがに違う。
 
 JR六甲道駅で待ち合わせ、Tさん、Dさんが来て全員そろったなと思ったらKさんが現る。参加
 するのメールが送られていなかったらしく驚いたが、welcome、welcomeモツ鍋たべに行
 こう!
c0085163_17315749.jpg
 4人揃って出発、天気がいいので少し暑いくらいだ。
 駅から登山口までアスファルトの急坂を約1時間近く歩きうんざりしか
 けていたが、やっと木陰に入ることができ暑さをしのぐことができた。

 途中、あけびの実がなっていたので皆でたべる。少し苦めだったのと種
 をだすのが苦労した。

 長峰山までの道のりは意外と長く少しバテ気味!やっと摩耶青少年の家に
 着いたが13:00過ぎになってしまった。17:00にモツ鍋屋に入るために予定
 していた有馬温泉に行くコースを変更して三宮へ降りることにした。ここで
 、サッパリしてモツ鍋屋へ行くもくろみは崩れてしまった。これも幹事の読み
 の甘さで申し訳なかった。すべては予約がとっていないことにある。
 

c0085163_1737344.jpg
 きょう星台で少し長めの休憩をとった後、歩きはじめる。市ケ原に出てから
 布引の滝におりる予定が、途中ショートカットしたらしくあまり整備されていない
 登山道を降りることになる、急坂と砂地ですべりやすく気を使い、足にもきた。
 最後はなんとかアスファルト道におりるこができ一安心、途中から布引きの滝に
 行く道に降りて、しばし布引きの滝に見とれる。
 幹事は、ここでモツ鍋屋に電話をいれて17:00から予約できるかを聞く。
 しばらくしてからOKとの返事がもらえてホッとした。

 ここからは、モツ鍋屋に行くだけだ。集中力も出てきたような気がした。でも
 何とかつじつまがあったような山行だなとも思いながらだが… 

 三宮で地下鉄にのり上沢駅で下車、少し歩いてやま本へ、お店には5分位
 前についたが、店内に入れてもらい一番のりだ。まあ5:00から予約を
 入れる奴もおらんからあたり前か!


c0085163_17402412.jpg
 ここからがメインイベントの始まりだ! 
 メニューを見る。モツ鍋には値段が書いてあるが、他のメニューには値段
 が書いてなく、少しびびったがひるまず注文をだしていく。

 つまみに牛のたたき、酢モツ、チャンジャ、キムチ、などを頼んだと思う。
 個人的においしかったのは牛のたたきで、肉の甘みがして抜群の味だった。

 メインのモツ鍋は、にんにくが効いた味噌味でモツがつるつるしておいし
 かった。しめにチャンポンと雑炊の両方を頼んで大満足。でもまだ7:00
 なんだよな、Dさん、飲みたりなさそうなので私ともう1軒三宮にあるTさん
 お勧めの居酒屋にいくことにする。

 KさんとTさんとはJRの駅でわかれて、山行は終了となった。
 →途中から山行文ではなく食べ物のリポートになってしまいましたが
  こんな感じでした。

 たまにはこんなのもいいかなと思います。

 
[PR]

by 8bacchus | 2006-10-29 17:56
2006年 10月 29日

ビーコン 5台目を導入

c0085163_15591372.jpgバッカス共同装備として導入を進めて来たビーコン。今年度分を買い足して5台となりました。機種はこれまでと同じTRACKER、35,012円。今年は、「オキシライド電池は絶対に使用しないで下さい。」と注意書きが加わっていました。

発信だけなら250時間、捜索だけなら50時間、TRACKER同士なら通信距離が50mといわれています。

山に入る前に電源を入れ上着の内側に付けておく。もし探す立場になったら受信モードに切り替えて探す。という道具です。


次は無線機をもう一台、共同装備に導入させてほしいです。

/TG
[PR]

by 8bacchus | 2006-10-29 15:56
2006年 10月 29日

2006年10月29日 京都北山/白倉岳

2006年10月28日(日) 快晴

樹齢400年の杉の樹を見に京都北山/白倉岳に行ってきました。
枯葉の落ちる音と足元で折れる小枝の音の他には何も聞こえない、
静かな秋の山を単独行を楽しんできました。
私のお薦めの山ですので、機会があったら訪れてみて下さい。
c0085163_19361391.jpg

---------------------------------------------------------

10:00、ひっそりとした栃生の登山口からの登りは開始直後からかなりの急登。
途中、スズメバチの巣があり、一匹に髪の中に飛び込まれて肝を冷やしました。

11:30、中岳着。山頂には樹齢400年の変形した大きな杉の樹が聳えています。
長い月日の間、何度も折れては伸びてを繰り返してきたその偉容はこの山の主という趣。
根元は階段のようになっていて簡単に登れます。広い樹上でランチを摂りました。

12:00、白倉岳~朽木間の縦走は今回初めて歩きました。
基本的には赤テープのしっかりとついた稜線を歩くなだらかなコースですが、
等高線の間隔が広くなった場所で不意に道が不明瞭になったりする為、
けっこう頻繁に現在地を確認しながら歩く必要があります。

15:00、朽木着。鯖街道名物の鯖寿司を買って帰路へ。 

今回遭遇できた訳ではありませが、白倉岳はとてもシカの多い山だと思われます。
道を外れて潅木の間に入るとシカが寝ていたと思しき窪みがあり、稜線の水溜り
の周りにはシカが転げまわった痕跡があり、樹に残るシカの食痕や糞はあちこちに・・・
という感じです。足跡がはっきり残る冬にシカを見に来てみたいと思います。
その他、久しぶりにヤマドリにも会え、キノコも色々生えていて、自然観察を楽しめました。
(yk)
---------------------------------------------------------

JR堅田駅8:45発 9:30細川 10:00栃生 11:10白倉南岳 11:30中岳(台杉)
11:48白倉岳 12:00烏帽子峠 12:57鷹ヶ峰 13:24大彦峠 13:58雲洞谷山 
14:25東山 15:00朽木着
[PR]

by 8bacchus | 2006-10-29 00:00 | 山行報告
2006年 10月 24日

大台ケ原山行

c0085163_19492049.jpg
10月22日(日) 曇りのち雨
11月例会山行: 大台ケ原
参加者:バッカス7名、一般参加7名(乳児1名含む)



AM8:00、橿原神宮前駅集合。ここでは青空に太陽が輝いてる。
大台ケ原もこんなお天気だったらいいなぁと期待しつつ車で出発。
しかし、山深く入っていくにつれて雲行きが怪しくなってきた・・・。
大台ケ原駐車場は霧で真っ白。
でも雨が降ってないしよしとしよう。さあ、出発。
さすが紅葉シーズン。我々パーティの前も人の列。
みんなとおしゃべりしながら、霧の幻想的な大台ケ原をのんびり歩く。
日出ヶ岳展望台は真っ白でなーんにも見えません。
でも、歩きながらふと辺りを見渡すと、霧の中に黄色や赤に色づいた木々が。
私たちの目を楽しませてくれました。

c0085163_2094485.jpg
歩き終えたら、さあ、キムチ鍋。
あったかくってちょっぴり辛いキムチ鍋は雨で冷えた体にシミイリます。

ちょっと雨にあったけど、鹿にも会えたし、
それよりなにより新しい山仲間にも出会えたし、
とても楽しい山行でした。
[PR]

by 8bacchus | 2006-10-24 20:31 | 山行報告
2006年 10月 13日

ちびっこ集合

c0085163_107511.jpg
10月12日(木) バッカス平日婦人部とジュニア班の集会がありました。
現場はまるで保母さんがいっぱいの保育園のよう。

専門家のような真剣な眼差しでミニカーをじ~っと見つめるO兄さん。
元気いっぱい愛嬌たっぷりお友達大好きの上海RIN君。
RIN兄さんに積極的にアプローチしてもらってるのにひぇ~んと泣くばかりのあかんたれSue。

あっという間に大きくなってくね。

BY みね
[PR]

by 8bacchus | 2006-10-13 10:15 | 懇親会
2006年 10月 10日

深山班

c0085163_13201939.jpg

10月8日(日) Sue生後4ヶ月と7日。
概ね晴れ、風あり。 
空気が冷たい。
なので、Sueは『た~らこぉ~、た~らこぉ~』のスタイルで。



c0085163_14197100.jpg
「深山」は、その名の通り、山深いところにある静かな山です。
約1時間で登れる簡単な山ですが、展望もよく、
すすき・栗と存分に秋を味わいました。

稜線に出て高い木々がなくなると風が直撃。
さすがのSueもご機嫌ななめ。鼻水じゅるじゅる。
でも、山頂ではいつものとびきりの笑顔を見せてくれました。




c0085163_14201960.jpg

http://yasuyomine.ld.infoseek.co.jp/miyama/


BY みね
[PR]

by 8bacchus | 2006-10-10 14:22 | 山行報告
2006年 10月 10日

10/7-10/8山行は北八ヶ岳へ変更

しほです。だだーっと山行日記を書きまーす!
7日絶対間違いなく豪雨&寒い!というのがわかる天気図(西高東低と熱帯低気圧)の中、長野の南小谷への夜旦那と車で出発しました。
今回、雨飾山という山を登ろうという計画だったけど、この天気、かなり気が重い。めちゃくちゃ降る中の運転、どうにか朝の6時に南小谷駅に到着。仮眠を1時間ほどして、リーダーの柏君とサブリーダーの綾部さんが電車で到着して、私たちの車に乗り込んだ。
で、すごい風雨の中、とりあえず登山口まで行ったけど、どうもこの雨の中、動く気がしない。
柏君は「行きましょう」とか、カッパを着だしてたけど、あとの3人、グズグズして寝だした。
つまり、「今日はやめよう」という意思。外を見ればわかるでしょ、ものすごい風と雨やで。
こんな中歩きたくない!と3人ブチブチ主張だして、結局柏君は折れて、じゃーなにする?という話に。で、とりあえず「温泉へいこう」ってなって、車で少し降りたとこにある趣ある小谷温泉に行った。入浴料500円。朝11時頃で誰も入ってこないので、のんびり入って、休憩室で読書したりマッサージチェアに乗ったり、ゴロゴロ2時間ほどして時間をつぶしたけど、これじゃいかん。天気予報によると、長野県の北部は明日も雨。
どうしよう?と、考えて、とりあえず、動こうということになり、車へ移動。
綾部さんが、雨飾山のあと北八ヶ岳へ行くつもりにしてたらしく、北八ヶ岳の地図を持っていた。というわけで、北八ヶ岳へ雨を逃れるように移動。
そして、無事20時頃テントが張れる場所、麦草峠の駐車場に行き着いて、その日やれやれ、とテントの中でお酒を飲んで10時半就寝。雨も降ってないし、明日は期待できそう。
8日朝5時半起床。6時半出発。雨は降ってないけど、霧もあって完璧の青空ではないけど良しとしよう。しかし、、めっちゃくちゃ寒い!!風もものすごーーくきつい。
本日のコースは麦草峠→丸山→中山→天狗岳のピストンに決定。
7:20丸山着。なーんも見えなかった。「今日は絶景が見れたりして!」と期待を少ししてたけど、がっかり。
8:45中山着。期待しているのは素晴らしい紅葉ハイクだったのに、それを通り越して、真っ白な景色。そう、、、霜をたっぷりつけた木々でいっぱい。それくらい寒いのです。
尾根沿いを歩くと、やっと綺麗な紅葉の景色が見えてきたけど、あまりの寒さに耐えられず、天狗岳まですぐにいかず、とりあえず黒百合ヒュッテ(9:30着)に休憩しにいった。
この頃には、もう「天狗はもういい」と、くじけそうになっていたけど、柏君は「さ、いきましょう」と一人やる気。なんせ、天狗から来た人たちは口を揃えて「いやぁ、すごいよ。一面霜だし、地面は凍ってるし、風はほんと立ってられないくらいきついしね!!」と言う。
気が重いけど、歩き始めて見えたのが↓。
c0085163_029129.jpg

頂上付近凍ってるー!しかも、雲の動きがめちゃ早いから、あーー、寒いだろうなぁー。と怖くなった。。寒い写真を続けて載せます。
c0085163_0311475.jpg

c0085163_032878.jpg

綾部さんはこの天狗岳を15年前の冬登って、頂上付近で300mほど滑落して奇跡的に助かったという経験の持ち主。今回、彼が滑落した場所を見ることも一つの目的だった。で、ここなんだけど↓写真じゃわかりにくいかもしれないけど、めちゃ高いし怖い、、。
c0085163_0324981.jpg

11:05天狗岳登頂。寒くて5分しかいられなかった。
c0085163_0333059.jpg

綾部さんはここでお別れ。このまま縦走して赤岳までいくそうで。
私たち3人は中山まで戻ったところで、「にゅう」という山が気になった。「にゅう」って何?不思議な名前!同じ道を歩くのも面白くないので、「にゅう」経由で帰ることにした。漢字もわからなかったけど、登頂して(13:15)初めて「乳山」と書いてあるのを見て漢字がわかった。それまで「NEWじゃないの?」とか「入じゃないの?」とかいろいろ話してたんだけど。。。
ここからの眺めは意外にも素晴らしく、今回にゅうを登ったのが一番の収穫。富士山も見えたし。
c0085163_03453.jpg

しかし、この「にゅう」ての、道案内は適当な書き方をするので笑ったよ。
c0085163_0344379.jpg

c0085163_035216.jpg

「ニュー中山」って、ビジネスホテルじゃあるまいし。「にゅう」が立派な一つの山としてあるのにな。不思議だ。苔がとても美しい登山道を歩くと白駒池が見えてきた。
14:20白駒池到着。紅葉が美しかった。
c0085163_035356.jpg

休憩して、麦草峠の駐車場に到着したのが15時半。9時間行動で結構クタクタの日帰り登山となりました。
[PR]

by 8bacchus | 2006-10-10 00:36 | 山行報告
2006年 10月 02日

大阪労山40周年記念祝賀会

9月30日土曜日、大阪労山40周年記念祝賀会が市内某所で開催され
M嶋さん、りっちゃん、あいの3名で行ってきました

全国や近畿の各労山からも出席があり、日に焼けたベテラン山やさん達は
懐かしい再会を果たしたようで、まるで同窓会のようでした
もちろん私もセミナーや初級夏山の懐かしい顔ぶれと久しぶりにお会いして
楽しい時間を過ごすことが出来ました

それにしても40周年とはすごいですね
バッカスは今年5周年
さっそく記念祝賀会の準備とTシャツ作成に取り掛かりましょうか、、、

c0085163_15525495.jpg
[PR]

by 8bacchus | 2006-10-02 15:55
2006年 10月 01日

KY寿司ごちそうさまでした!

c0085163_22443947.jpg  脂ののった秋の味覚で寿司を握り、上海の不思議食品も頂きました。




今回のねたは、アジ、イカ、イクラ、ウニ、カツオ、キュウリ、サケ、サンマ、タイ、タコ、
ナットウ、ヒラメ、ホタテ、マグロ、かな。

c0085163_22452575.jpg




c0085163_2249515.jpg

今回食べた大人は11人、Sueはたくさん抱っこしてもらいました。


http://yasuyomine.ld.infoseek.co.jp/kysushi/

/TG
[PR]

by 8bacchus | 2006-10-01 22:54 | 懇親会