カテゴリ:山行報告( 124 )


2012年 10月 20日

氷ノ山 避難小屋宿泊

遅くなりましたが、10月の例会山行の報告です。
10月連休の10/7~10/8に兵庫と鳥取の県境にある氷ノ山に行って参りました。
メンバーはバッカス所属から、私K下とK村さん、K下の大学からの友人キム君(33)とK村さんの元同僚2人(30くらい)、K村さんのご子息R太君です。6名でした。本来は8名の予定でしたが体調を崩して2名不参加でした。

8時前に中国道の赤松PAに集合。
舞鶴道の春日から自動車専用道を和田山で降ります。そこから登山前の楽しみということで竹田城へ。
手前の駐車場から30分ほど歩きました。本来のパーキングには県警のパトカーが数台停まっていて何か事件があったのかもしれません。
c0085163_2232125.jpg


c0085163_22321817.jpg


c0085163_2232466.jpg


竹田城から2時間、鉢伏高原方面へ行き、まずは鉢伏山近くの林道出合にワゴンを一台デポしました。
乗用車二台に分乗し、氷ノ山国際スキー場のグランド横に駐車しました。
登山経験も装備もバラバラの6人です。予報は晴れでしたが、シトシトと雨が降っている中登り始めました。
c0085163_2236346.jpg


登山口から急坂を登り、尾根に出たところで休憩小屋にて一休みしました。
c0085163_22365637.jpg


そこからは尾根を登り、神戸大学小屋にて休憩。
c0085163_2242167.jpg


そこから30分ほどの歩きで山頂避難小屋に到着しました。
c0085163_22435747.jpg


c0085163_22442431.jpg


中は毛布、テーブルも備えられ飲んでくださいと言わんばかりでした。全体写真も撮らずに宴会に突入します。バーナーやランタンでツマミを焼き焼きしつつ、最近彼女ができたという話や、合コンしたいなど、子供のいる場にふさわしからぬ話題に盛り上がりました。
c0085163_22444566.jpg


翌日は7時前に起床し、前夜の味噌鍋にご飯を投入して雑炊を食し、8時に出発しました。天気は相変わらずドンヨリしていました。
c0085163_22495971.jpg


霧の中を尾根を下っていきます。眺望パノラマはなく残念でしたが、霧中の森林トレイルも幻想的でした。
c0085163_2251233.jpg


c0085163_22515028.jpg


いくつか小屋を経て、鉢伏山頂には11時半に到着しました。参考コースタイムよりは随分早く着きました。
c0085163_22521042.jpg


山頂についた途端に晴れてきて、スキー場の草原と山並みを望むことができました。
c0085163_22545151.jpg


車をデポしている林道出合に向かって下りました。
c0085163_22562228.jpg


30分ほどで到着し、帰りはとがやま温泉天女の湯に浸かりました。連休の最終日で中国道は渋滞だったようですが、K村さんに教えていただいた裏道で渋滞回避することができ、19時くらいに帰宅できました。渋滞に突っ込んでいったキム君は21時くらいに帰れたそうです。
[PR]

by 8bacchus | 2012-10-20 22:59 | 山行報告
2012年 09月 09日

白髪岳(9月例会山行)

9月8日に白髪岳~松尾山に例会山行に行きました。
参加者は今年新入会のKさん、私と同じ伊丹市在住のKさん、私の3人でこぢんまりした山行でした。

JR福知山線の古市駅で下車して歩き始め、登山口までが結構遠かったです。

c0085163_21525081.jpg


急登を登って722mの白髪岳山頂に到着。
天気が曇りでよかったです。

c0085163_21592417.jpg


山頂からの眺めはなかなかでした。

c0085163_21553828.jpg


この後、小雨が降りましたが、順調に松尾山山頂に到着。
予定を変更して文保寺~JR篠山口駅へ下山しました。
文保寺への下山路は出口に柵がしてあり、利用されていないようでした。

歩行時間は休憩も入れて5時間15分でした。
お疲れ様でした。

H.F.
[PR]

by 8bacchus | 2012-09-09 22:00 | 山行報告
2012年 07月 31日

上高地-槍沢-槍ヶ岳-北穂高岳-涸沢-上高地

金曜日7/27の17:50くらいの新幹線に乗り、18:40名古屋発しなのに乗り換え。
20:50に松本着。ハイシーズンで駅前ホテルは全滅。歩いて10分の松本ツーリストホテルに宿泊。大浴場もあってなかなか快適でした。

新幹線で寝てしまったためか、全く寝付けずに朝4時を迎えました。
AM4:45の新島々行き電車に乗るため、松本駅前に行きました。
タクシーに声をかけられ、値段交渉。¥2500で上高地バスターミナルに行ってくれるとのことで決着。
この朝待ちタクシーは沢渡-上高地の往復タクシーで、通勤ついでに客を乗せていってくれるから安く行ってくれるらしいです。
おかげで予定より50分くらい早く上高地バスターミナルに到着しました。

6:00に上高地バスターミナルを出発して歩き始めました。早朝は登山者ばかりです。
6:45 明神館
7:30 徳沢
8:20 横尾
10:00 槍沢ロッジ
11:00頃 昼食(コンビニおにぎり)
c0085163_2315756.jpg


天狗原分岐を越えてしばらく登るとやっと槍ヶ岳が姿を見せました。
c0085163_23164312.jpg


14:10 槍ヶ岳山荘
槍ヶ岳山荘にチェックインして荷物を下ろし、カメラと携帯持ってレインジャケットを羽織って槍ヶ岳山頂へ。c0085163_232039.jpg


c0085163_23194147.jpg


槍沢から槍ヶ岳への登りが予定よりずいぶん早かったので、予定を変えて翌日は北穂高へ縦走して涸沢へ降りることにしました。
山小屋では珍しく19:30頃にすっと就寝できたのに、小屋スタッフに布団を間違えてはぎとられ、
20:40頃に起こされました。そこから寝付けなくなってしまいました。
23時ころにイヤフォンで音楽を聴いていると、どうやら眠れたみたいです。

目が覚めると朝3時半で、丁度良い時間でした。パッキングして出発準備も整えて外に出ると空が白んでいました。
c0085163_23275673.jpg


c0085163_23282146.jpg



空気はとても冷たく綺麗でした。
が、日の出直前にガスが出てきてしまいました。
c0085163_2329352.jpg


5:00 朝食(シリアルとコーヒー)
5:40 槍ヶ岳山荘出発
6:20 中岳
7:20 南岳、南岳山荘 トイレが洋式できれい。
8:30 ナイフリッジ
c0085163_23335930.jpg


クラックに咲くリンドウ
c0085163_233527100.jpg


8:50 A沢のコル
ここから飛騨泣きを経て北穂高岳への急登。
c0085163_23345555.jpg


10:20 北穂高岳山頂に到着。ここで昼食(槍ヶ岳山荘の弁当)
10:40 北穂高岳から涸沢へ下り始めました。
12:10 涸沢小屋到着。涸沢のおいしい水で休憩しました。
c0085163_23413979.jpg


12:30 出発しました。薄く曇っていたので快適に歩けました。
14:10 横尾到着。がんばって早歩きです。
16:30 上高地バスターミナル到着し、16:45の新島々行きバスに乗れました。
18:00 松本行電車
c0085163_23411375.jpg


18:30 松本着。帰阪するなら19時過ぎの最終しなのに乗れば良いです。
月曜日は松本で仕事があるため、また松本ツーリストホテルに泊まりました。
[PR]

by 8bacchus | 2012-07-31 23:46 | 山行報告
2012年 07月 23日

鹿児島県の開聞岳報告 2012年7月14日

7月14日に鹿児島県の開聞岳に行って参りました。一人です。
7月13日のAM10:30に家を出発し、AM11:29の博多行新幹線に乗車。
14時過ぎに博多で鹿児島行さくらに乗り換えて16:44に鹿児島着、指宿枕崎線に乗り換えて17:10に指宿駅に到着しました。
c0085163_1254080.jpg


指宿の海岸で砂蒸し風呂を楽しみました。楽しんだというより重熱くて疲れました。若干苦行です。
c0085163_1255946.jpg


翌日始発電車で開聞へ向かいました。山頂は雲がかぶっています。
c0085163_12561150.jpg


開聞駅は土が盛り上がっているだけなのでしょうか?開聞駅を6:40に出発。
c0085163_12572971.jpg


駅から30分くらい歩いて、開聞岳登山口に到着。ここが2合目です。
c0085163_12584751.jpg


湿気がねっとりとして、ムカデやらマイマイカブリやらアブやらたくさんいました。虫除けスプレーを
体に吹きまくりましたが、アブに刺されまくりです。
c0085163_1303281.jpg


山頂には9:30に到着。はガスで何も見えません。昔登った兄の話では屋久島までよく見えたらしいのですが、残念です。
c0085163_1314121.jpg


下る途中は少し晴れ間もありましたが、山頂はずうっと雲がかかっていました。
c0085163_1342151.jpg


12:00に下山。帰りは、山頂で知り合った、京都から来たという方にレンタカーで指宿駅まで送ってもらいました。ありがたいことです。
指宿から観光列車「指宿のたまて箱」に乗って、ラクラクでした。予定より早く鹿児島中央駅までたどりつけました。
c0085163_133730.jpg


この後は20年来の友人たちと鹿児島で合流し、2日後に飛行機で帰阪しました。
鹿児島は新幹線では遠いです。飛行機だと伊丹-鹿児島空港は1時間ちょい。交通費も特割など使えばあまり変わりません。鹿児島の山は虫と湿気がすごいです。秋か冬に行ったほうが良いかもしれません。
道はひたすら一本道で迷いようがありません。この日は眺めが良くなかったので、残念でした。眺望は5合目と山頂付近しかなさそうです。登るよりも外から眺めて良しの山なのかもしれませんね。
[PR]

by 8bacchus | 2012-07-23 13:06 | 山行報告
2012年 06月 24日

生駒山から信貴山

自分のホームグラウンドの生駒山です。もう何度も登っています。
バスの始発に乗って、朝6時過ぎに生駒駅。宝山寺への参詣道入り口です。
c0085163_23262817.jpg



参詣道沿いの家々は緑がいっぱいです。
c0085163_23284065.jpg



ケーブル宝山寺駅からの道と参詣道が合流。
c0085163_23295224.jpg



宝山寺方面です。ここから左脇の山道へ入ります。
c0085163_23304863.jpg



ケーブルの梅屋敷駅です。
c0085163_2331104.jpg



生駒山上遊園地にAM7時に到着。ケーブルはまだ動いていませんでした。
c0085163_23315650.jpg



生駒山のテレビ塔とNTT西日本の電波塔です。府民の電波生活を守っています。生駒山の景観は台無しです。
c0085163_2333940.jpg



しばらく南へ行き、遊園地を抜けると信貴生駒スカイラインに交わり、大阪平野の景色が広がります。
c0085163_23335073.jpg



日本最狭国道の暗峠。昔、これを自転車で越えました。西へ降りれば枚岡駅、東へ降りれば南生駒。
c0085163_2336161.jpg

c0085163_23362779.jpg



鳴川園地を抜けて、鳴川峠です。東へ降りれば千光寺ユースホステルがあります。
c0085163_23383333.jpg

c0085163_23384341.jpg



しばらく行くと熱いカップル御用達の希望の鐘です。ここから見る夜景はさぞかし・・・
c0085163_2341132.jpg

c0085163_2341237.jpg



十三峠には8時50分に到着。西へ降りれば水呑地蔵尊を経て八尾へ。東へ下れば平群です。
平安時代には在原業平が女の元へ通った峠らしいです。
c0085163_23443416.jpg

c0085163_23444415.jpg



前々日に降った豪雨はすっかり乾いていて、ずっと歩きやすい山道でした。唯一ぬかるんでいたトンネル内も以前はなかった木道が通されていました。
c0085163_23461446.jpg



宇宙念波研究会です。宇宙の念波を感じることができれば何かいいことがあるでしょうか。
c0085163_2347224.jpg



高安山には9時半過ぎに到着しました。生駒山が640mくらいなんで、稜線をアップ・ダウンしながら少しずつ降りてきたことになります。
c0085163_23495150.jpg



高安山ケーブル駅に9時45分に到着しました。3時間半の行程でした。下りで膝が痛くなるのが嫌なのでケーブルで降りました。
c0085163_23505287.jpg



しぎとらって初めて聞きました。
c0085163_23512874.jpg

c0085163_2351444.jpg

信貴山口から布施方面へ近鉄に乗って帰りました。生駒山から信貴へ縦走するのは三回目ですが、昔はもっとしんどかったような気がします。時間帯が良かったのかもしれません。トレーニングになって良かったです。次行くときは瓢箪山か枚岡から登って、どこかの峠で奈良側へ降りてみます。
[PR]

by 8bacchus | 2012-06-24 00:02 | 山行報告
2012年 06月 03日

2012年6月3日 るり渓~深山 クリーンハイク

今年のクリーンハイクは大阪の最北端の少し不便な深い山、「深山:791m」です
るり渓から通天湖、深山山頂への3時間が今回のクリーンハイクのコース

c0085163_22183252.jpg

るり渓の美しい流れよりも空缶に目を見張り、日本の音風景百選の鳴瀑よりもおしゃべりに集中し
釣堀のつづく通天湖を通過し深山登山口へ

c0085163_22295952.jpg


登り始めは少し急ですが、ササ原まで出ると一気に展望が開け、風が心地よいですが
ゴミ袋を片手にかなりばてています

c0085163_22335911.jpg


今日の収穫を前に記念撮影
北部大阪の最高峰で山頂からの眺めは広く、登頂気分が満喫できました
そのあと知事のメッセージを忘れることなく読み上げ、昼食としました。

c0085163_22393828.jpg


帰りにラジコンのハングライダーをやっている人たちに合い、気持ちよく空に浮かんでいるグライダーをしばし眺め、
これに乗って駐車場まで飛んでいけたら・・・なんて

c0085163_22444348.jpg

タニウツギのピンクの花があちらこちらで満開の花を重たそうに咲かせていました。

本日の収穫:空缶2Kg、ペットボトル1Kg、空瓶1Kg、その他ごみ2Kg(体重計で量りました)
参加者:I夫妻、D達、I田、T岡、K端、K村+R太
[PR]

by 8bacchus | 2012-06-03 23:17 | 山行報告
2012年 03月 14日

2012年3月14日、夫婦岩 標高 333m

3月14日、出発の6時半頃は氷点下15℃、下山した8時半頃は氷点下2℃でした。確かに大阪よりは気温が低く、積雪もありますが、3月になってずいぶん温かく、吹雪く事も無く、春山には良い時期になりました。夏になると草木が茂るので、今は今で登山に適した時期です。

塩狩駅周辺から往復2時間くらい。登る時には方向を定める事が簡単だが、下りは難しい。特に夫婦岩南南東の緩やかな地域に入ると塩狩山(アンテナが建っており見つけ易い)も見えなくなり「地図・コンパス・歩いた時間・勘」を働かせても不安がある。緩やかで樹林の中は難しい。当初予定していた増子山は延期した。

c0085163_1051719.jpg


山頂の夫婦岩 : こういう岩自体周辺で見かけない、それがこうもきれいに山頂に立っていると、神岩にした気もわかる。

c0085163_10514216.jpg


山頂から北側 和寒町(わっさむちょう)の市街地 :
c0085163_1052883.jpg


ここでいう相馬妙見神社は、釧路市の相馬妙見神社だろうか? 1903(明治36)年発見した一人の星長治さんといえば、1902(明治35)年に中和地区に入植した相馬団体の方。分霊は1917(大正6)年と少し時期が離れているものの、関係がありそうな気もする。

c0085163_10523022.jpg


http://shiokari.info/20120314.htm
[PR]

by 8bacchus | 2012-03-14 11:25 | 山行報告
2012年 03月 14日

2012年03月10日、和寒町最高峰 和寒山(740.6m)

登り3時間30分、下り1時間10分、往復4時間40分。

6:40 塩狩(しおかり)発、氷点下11℃、晴れ、ややもや。
7:05 高速道路下
10:10 和寒(わっさむ)山 標高740.6m、標高差490.6m、水平直線距離2.8km
11:00 高速道路下
11:20 塩狩着、5℃、快晴。

* このルートに道標等はなく、樹林の中からは遠くが見えない。 山頂の反射板を見通せるのは、塩狩駅周辺、高速道路付近、谷を眼下にした時の3回のみ。 そこでコンパスを合わせて(約70度)、あとは上、上、を選んで進むのが基本となる。特に下りは注意。 ただ、一度行けば山容もわかり更に勘が働くようになる。樹林の中でも雰囲気は良く、山頂からの展望は良い。

c0085163_10361626.jpg


山頂に建つ反射板 :
c0085163_10364364.jpg


山頂からの眺め :
c0085163_103709.jpg


http://shiokari.info/20120310.htm
[PR]

by 8bacchus | 2012-03-14 10:39 | 山行報告
2012年 02月 27日

H24.2.26 雪の明神岳

2月例会山行として明神岳に行ってきました
メンバーはF島さん、一般参加のK下さん と私K村です

c0085163_6565475.jpg
心配していた取り付きの林道は雪が少なく、
チェーンなしで何とか9時ごろ到着
すでに20台近く駐車してありました

c0085163_6593830.jpg
少し林道を歩いてから、沢筋に入ってアイゼン装着
5,6回沢を横切るところがあり、
水量が多いところもあり少しスリリングですが
アイゼンをはめての岩場は爪が掛かり
滑らないので意外と安定

c0085163_7101511.jpg
途中の明神滝も半分凍っていました
山道は踏みしめられていて歩きやすい
c0085163_7195871.jpg
2時間ほどで明神平へ到着
天気をにらみながらの日にち設定をしたのですが
結局、雪になってしまいました
あしび小屋もガスでぼんやりでした

c0085163_7232714.jpg
雪で天井が低く感じる東屋でちょっと早い昼食
気温はマイナス5度、止まると体が冷えます
インスタントの豚汁でほっと一息

c0085163_7353325.jpg
霧の中の樹氷のトンネルをくぐり明神岳へ
周りの景色が見えない分、
樹氷に包まれ幻想的な雰囲気
c0085163_7374355.jpg
30分ほどで明神岳山頂、
気をつけていないと通り過ぎてしまう山頂
視界が悪いので今日はここで折り返し

c0085163_7424985.jpg
明神平の雪も締まっていたので、
持って行った輪環も使用することなく、
銀マットで雪すべり


今度は天気のいい日に行って、
テント泊でもしたいなあって
帰りはやはた温泉に寄ってあったまりました(K村)
[PR]

by 8bacchus | 2012-02-27 00:00 | 山行報告
2012年 01月 10日

2012年 枚方ハーフマラソン

昨年に引き続き、今年も1/9(月)の成人の日に枚方ハーフマラソン大会に参加しました。
K君は10km、M君と私(H.K)はハーフマラソンを完走しました。
絶好の天気に恵まれ、ゲストの間寛平さんに会うこともでき、満足の一日でした。
by H.K

走る前のK君とM君。
c0085163_2323340.jpg

河川敷での開会式
c0085163_2325799.jpg

ゲストの間寛平さん。
c0085163_23261331.jpg
c0085163_23262677.jpg

10kmゴール直前のK君と応援伴走のM君。
c0085163_23285039.jpg

3人ともに無事完走。タイムは、M君(ハーフ)1.53、H.K(ハーフ)1.44、K君(10km)1.24。
c0085163_23312280.jpg

[PR]

by 8bacchus | 2012-01-10 23:34 | 山行報告