2012年 03月 14日

2012年3月14日、夫婦岩 標高 333m

3月14日、出発の6時半頃は氷点下15℃、下山した8時半頃は氷点下2℃でした。確かに大阪よりは気温が低く、積雪もありますが、3月になってずいぶん温かく、吹雪く事も無く、春山には良い時期になりました。夏になると草木が茂るので、今は今で登山に適した時期です。

塩狩駅周辺から往復2時間くらい。登る時には方向を定める事が簡単だが、下りは難しい。特に夫婦岩南南東の緩やかな地域に入ると塩狩山(アンテナが建っており見つけ易い)も見えなくなり「地図・コンパス・歩いた時間・勘」を働かせても不安がある。緩やかで樹林の中は難しい。当初予定していた増子山は延期した。

c0085163_1051719.jpg


山頂の夫婦岩 : こういう岩自体周辺で見かけない、それがこうもきれいに山頂に立っていると、神岩にした気もわかる。

c0085163_10514216.jpg


山頂から北側 和寒町(わっさむちょう)の市街地 :
c0085163_1052883.jpg


ここでいう相馬妙見神社は、釧路市の相馬妙見神社だろうか? 1903(明治36)年発見した一人の星長治さんといえば、1902(明治35)年に中和地区に入植した相馬団体の方。分霊は1917(大正6)年と少し時期が離れているものの、関係がありそうな気もする。

c0085163_10523022.jpg


http://shiokari.info/20120314.htm
[PR]

by 8bacchus | 2012-03-14 11:25 | 山行報告


<< 山之会バッカスとは      2012年03月10日、和寒町... >>