バッカスのひろば

bacchuss.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 11日

平成22年7月10日(土) 千葉県印旛沼の実地検分 ~ 報告 by M嶋

平成22年7月10日(土)
個人趣味でブログを利用しまして申し訳ありません。一応元気に過ごしていますのでご報告まで。
東京都も集中豪雨となりましたが、梅雨の晴れ間を利用して千葉県の印旛沼まで自転車で行ってきました。

中学時代の地理で習いました。「インバヌマ」という響きがなんとなく陰鬱なイメージでした。少し先の「霞ヶ浦」カスミガウラはいつも霞がかかっているイメージです。その中学時代から気にかかっていた印旛沼とやらを、この際確認に行ったわけです。

大人になってからは、一時期「京極夏彦」のシリーズを読みふけりました。きっかけは「百物語」シリーズが直木賞をとったので、本屋でたまたま手に取って見たのが始まりです。(今は東野圭吾にはまっていますが)

その京極夏彦の百物語の怪談のひとつに「木幡小平次」と題した怪談がありまして、要するに主人公の小平次が殺されて「印旛沼」に沈められるのですが、ずぶ濡れの幽霊となって恨みを晴らすという物語でして、私のインバヌマに対するイメージがますます暗いものになってきました。今回、思い立って現地を訪問した次第。

現地の印象は、天候も良かったせいで、湖面は明るく、空気はさわやか、湖岸は自然のままで葦に覆われて気持ちよく、自転車専用ロードも整備されていて、認識を新たにできて良かったです。


c0085163_23161544.jpg
毎度、誇張の多いM嶋と愛車です。場所は単身赴任宅のすぐ横を流れる「江戸川」の堤防ですが、ここが素晴らしいサイクルロードになっています。先ずは出発の雄姿?ということで・・・


c0085163_23253335.jpg
突然「インバヌマ」に到着します。これは、印旛沼を回る自転車専用のサイクルロードで、画面右手の土手の向こうが沼です。涼しくていい道でした。


c0085163_23325946.jpg
ご覧のとおり、自然が残された湖沼です。商業施設は、遊覧屋形船屋が一軒、釣り客用の貸しボート屋が一軒、レンタル自転車店が一軒でした。コンビニは無し。


c0085163_23392283.jpg
本物のオランダ風車が回っていました。半分、観光用で半分、沼の水を田んぼに上げる仕事をしてました。
風車番の人が説明してくれまして、部材はオランダから輸入して、職人も本国からよんで建てたものだそうです。
以上で陰鬱なオドロオドロシイ「印旛沼」のイメージは払拭されました。有意義な一日でした。
葛飾出発10:30分、帰宅18:15分 
[PR]

by 8bacchus | 2010-07-11 00:10 | なんでもない事


<< 入会案内      柴又帝釈天のぶらり散歩~by M嶋 >>