バッカスのひろば

bacchuss.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 28日

筑波山に登ったぞ~M嶋

 平成22年3月28日 東京に赴任して初めて山登りに行きました。まあ山に登る余裕ができてきた、ということでしょうか。

東京の東側(葛飾区)に住むと、ちょっとした山に行くにも時間とお金がかかります。ちなみに今回の片道旅費は2180円でした。TXこと「つくばエクスプレス」が800円と、登山口までの地元「つくバス」が850円が痛いです。つくバスの運転手さんは、人柄が良く「大阪から来ましたけど、天気が・・・少し残念ですわ」というと、終点までいろいろ話してくれますが、いまどきめずらしい茨城弁まるだしで話してくれていい雰囲気でした。(若干聞き取りにくい箇所がありましたが)

c0085163_2365979.jpg
この写真はJR「つくば」駅です。小野家はここから歩いて10分程度らしいです。


c0085163_23181829.jpg
バスの窓から見た筑波山です。曇り日のためクリアでないのが残念です。筑波山は双耳峰で「男体山871m」と「女体山876m」の2峰からなります。


c0085163_23291062.jpg
「がまの油」も売っていますが、刀で腕を切って見せるパフォーマンスは・・・してません。


c0085163_23352555.jpg
登山口の「筑波山神社」です。古式の風格があり、由緒正しい趣がありました。
この神社横からお山に入って行きます。


c0085163_2340579.jpg
登山ルートは大きく3ルートありますが、私は迷わず「女体山コース」を選びました。⇒標高が高いからで他意はありませんので。
この道標も風格があります。


c0085163_23471854.jpg
道は整備されていていますが、この時期雪解け道になっていて、一部ぬかるみの箇所もありました。山頂近くでは、残雪があり、頂上北側では石の階段表面がアイスバーンで緊張しました。


c0085163_23524940.jpg
「弁慶七戻り」という岩です。上部の岩が落ちそうで、くぐるのに弁慶でさえ七度ためらった、と云われています。


c0085163_23584547.jpg
名所「母の胎内くぐり」です。霊験あらたか!とのこと。また子供ができたらどうしようと、冗談はさておき、小野さんの安産をお祈りしました。


c0085163_033880.jpg
ご想像の通りの岩です。
上部は奇岩が多く、男女を思わせるものがデーンとあったりして、故に「女体山」「男体山」と呼ばれたのかな、との思いがよぎりました。


c0085163_05503.jpg
これは山頂でセルフタイマーで撮影しました。当日は軽く吹雪が舞う、風の強い日でした。
女体山頂上には神社があり、神官が一人居られました。
登頂後、雪が強くなってきたので、急いでロープウェイで下山しました。ロープウェイの中は20人ほどの東南アジア人の観光団体さんで賑わっていました。  以上
[PR]

by 8bacchus | 2010-03-28 22:39 | 山行報告


<< 奥多摩『御前山』~平成22年4...      まったり八ヶ岳        ... >>